スナップインバルブ

スナップインバルブは全世界において最も使用されているタイヤバルブになります。
アリゲーター社の長年の信頼性により今では世界中の様々な厳しい環境下でも販売されています。
※準拠規格 SAE, ETRTO

ALLIGATORスナップインバルブコンセプト

バルブ本体のコア挿入スペース(材質・真鍮)と真鍮バルブコアの材質を合わせる事により、電位差による腐食を防ぎ、タイヤバルブとしての性能、寿命を延ばします。

ALLIGATOR社 タイヤバルブコア

ALLIGATOR社の標準バルブコアの対応温度は、最低温度-30度から最高温度100度、瞬間耐熱温度150度を誇ります。従来、耐熱バルブコアに求められる数値に近い性能となっております。
このALLIGATOR社の標準バルブコアは全世界で使用されており、性能を証明しております。

TR414(49mm)
articlenumber523229
材質ゴム、真鍮、PP(キャップ)
全長49mm
Φ19.5mm
最大使用圧力450kPa,65psi,4.5bar
適合リム穴Φ11.5mm
耐熱温度-30℃~100℃

CVVタイヤバルブ

ライトトラック用のバルブ

スナップインバルブとクランプインバルブのハイブリッド、その歴史とデータ

「CVVタイヤバルブその歴史とデータ」の記事を見る

タイヤバルブの保存方法

すべては安全のために

あらゆる環境下でストレスがかかるタイヤバルブ。使用における問題点と保存方法。

「タイヤバルブの保存方法」の記事を見る

ライトトラック用 CVV easy タイヤバルブ

ライトトラック用に適正な性能と運用コスト

ライトトラック用 CVV easyは 中小型トラック用のタイヤバルブです。
手でとりつけることができ。特別な工具は入りません。

「CVVタイヤバルブで適正な性能とコスト」の記事を見る

Double seal valve cap V2B ダブル シール バルブ キャップ

バルブキャップをV2Bに変えることで思わぬ経済効果があらわれます

ダブル シール バルブ キャップは、取り付けた状態で空気圧測定や加圧ができる画期的なバルブキャップです。
※世界で20年の歴史があり、アメリカでは年間1000万個の実績があります。

「バルブキャップをV2Bに変えることで思わぬ経済効果が」の記事を見る

TPMS sens.it Retro FIT-Kit

タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム

タイヤ内部に装着したセンサーで、 空気圧の状態が車の室内から確認できるシステム それがTPMS (タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム Tire Pressure Monitoring System)です。

「TPMS sens.it Retro FIT-Kit」の記事を見る

ALLIGATOR バルブインサーター(OE)

安全のためにホイール組み立て工程で生まれたツール。

自動車製造工場のタイヤホイール組み立て工程で生み出されたツールです。従来品に比べ、作業時間を削減し安全性も高めます。

「安全のためにホイール組み立て工程で生まれたツール」の記事を見る

ALLIGATOR メタルバルブ

新しいシーリングコンセプトのメタルバルブ

全く新しいシーリングコンセプト(ASC ALLIGATOR社 漏出防止コンセプト)のメタルバルブ。

「新しいシーリングコンセプトのメタルバルブ」の記事を見る

タイヤバルブについて

タイヤバルブは大きく分けて2種類に分けられます。

ゴム製のSnap-inバルブ(スナップインバルブ)と金属製のクランプインバルブです。これらは使用用途などで使い分けられます。

「タイヤバルブについて」の記事を見る

ご希望に沿ったロゴキャップをご提供します

お客様のオリジナルのロゴを入れる事が出来ます。

製品パッケージについても、ボックス、ブリスターパッケージ、バルクと数多く選択する事できます。

「ご希望に沿ったロゴキャップをご提供します」の記事を見る

back