article number :315107/標準バルブコア

閉じる

タイヤバルブコアの重要性とALLIGATORの信頼性

タイヤバルブコアとはタイヤバルブ中に入っている部品(通称・ムシ)です。タイヤへの空気注入時は、弁が開いて流通をスムーズに行い、通常時には弁が閉まり空気を外部に漏らさない重要な役割をします。車を走らせる為の重要な役割を行っています。ALLIGATOR社のバルブコアは、創業以来90年以上の歴史とノウハウを有し、ISO16949認証のドイツ工場にて製造され全世界へと販売されております。

タイヤバルブコアの選定

バルブコアには、真鍮、真鍮ニッケルメッキと2種類の材質があります。
なぜ2種類あるのかと言いますと、2つの違う物質が合わさると電位差が発生し、電位差により腐食が進みます。ALLIGATOR社では、電位差による腐食が発生しないように、バルブ本体の材質とバルブコアの材質を合わせる事により、電位差を無くし電位差による腐食を防ぎ、タイヤバルブとしての性能と寿命を延ばしております。真鍮製バルブには真鍮バルブコア、アルミニウム製バルブにはニッケルメッキのバルブコアのご使用を推奨します。

高性能バルブコア

ALLIGATOR社の標準バルブコアの対応温度は、最低温度-30度から最高温度100度、瞬間耐熱温度150度を誇ります。従来、耐熱バルブコアに求められる数値に近い性能となっております。このALLIGATOR社の標準バルブコアは全世界で使用されており、性能を証明しております。

詳細仕様

対応温度
-30℃~100℃
瞬間耐熱温度
150℃
開口圧力
3bar,44psi,300kPa ± 25%
作動圧力
20bar,290psi,200kpa
締付けトルク
25-30 N cm