ALLIGATOR JAPAN

アリゲーターではこのような記事も読まれています。
アリゲーターTPMS sens.it Retro FIT-Kit
アリゲーター・ポーランド工場
ALLIGATOR メタルバルブ
V2Bで経済効果
ALLIGATOR CVV easy
Team Studie スーパーGT 第5戦 鈴鹿サーキット

ポーランド工場

大きな敷地で大自然もいっぱいです。

アリゲーター社はコストと高い水準の生産フローと高品質、その3つを実現するために、1995年以来ポーランドのシロダコポルスカで理想的な条件の下、バルブ部品を生産しています。

ここでもまた技術、生産性と品質の分野における当社の一定の改良に加えて、国際的な業務手順に関する多くのことを学びました。

そして認証を受ける工場の様子です。
内部は黄色い線で作業区画と分けられています。
製品そのものだけでなく、すべてにおいて安全であることは非常に大事な意識です。

バルブボディの金属

様々な金属

バルブには金属が不可欠です。
真鍮やアルミ、クロームなどを加工します。
その原材料は写真のような状態からスタートします。

まずはここから加工します。

ロール状になった原材料をカットします。

ボディの真鍮

様々な工程でバルブの基本部分が切りだされます。

ここで手にとって見ます。

このような状態

まだ工程はたくさんあります。

ゴム加工 

マニュアルから完全に自動化への組立作業

ゴム成形、
ゴム - 金属接続、
最終は接着剤とコーティングとなります。

ゴムとの接着

最終段階

バルブによって金属部分は表面メッキ(クロム、デルタシール、亜鉛メッキ、陽極酸化)電気メッキなど、処理が施されます。